通信講座で行政書士の勉強をしよう|自宅で習える

女の人

国家試験の合格率を上げる

保育園

勉強した人だけの効果

保育士の資格を取るためには、大きく分けて二つの方法があります。最も一般的な方法は、保育専門学校で定められた単位を修得して卒業することです。保育専門学校を卒業すれば、卒業と同時に保育士の資格が取得できます。もう一つの方法としては、毎年行われる国家試験に合格することです。ただ、保育士の国家試験は、他の福祉系の資格に比べて、合格率が高いとは言えません。その理由の一つに、短大卒業以上の資格があれば、保育の勉強の下地がなくても受験できる制度があります。教員資格を持つ人が数多く受験していますが、保育の知識が十分でないと、合格は難しいとされています。国内の多くの保育専門学校では、国家試験受験のための対策講座を開いている所があります。既に、短大や大学を卒業しているひとのために、受験対策をしている学校もお目見えしています。受験を希望する人の多くが仕事を持っているので、対策講座は夜間に開講されることが殆どです。この対策講座を受験した人とそうでない人を比較すると、合格率は倍以上となっています。保育士試験の通信講座なども広く利用されていますが、職場や家の近くに保育専門学校がある人は、通学での勉強を選択しています。受験に対する質疑応答が即時できる学校授業の方が、理解度を高めてくれるので、勉強する人に安心感を持たせてくれます。保育士資格は、今多くの人が注目をしています。より多くの人が資格を取得するには、保育専門学校の基礎講座が欠かせません。